テーマ:ASL2013

J48 Blood Enemies VASL 

このシナリオはマップ一枚でVASLのモニターに向くと思ってプレイしました。 お互いに勝利得点が近かったです。 最終ターンの表で僕が防御側でやって勝利が確定していたのですが、裏も普通通りに攻めました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S20 Joseph351 2013年秋 VASL

このシナリオは勝利条件が変化します、攻撃側の連合軍(主にアメリカ)がどれだけ得点を取得しなくてはならないかの難易度が上下するのです。 今回は攻撃側が面白そうだったのでトライしました。 到達目標スコアは21点でした。 初期の段階で指揮官が死亡してしまったので回復の遅れがあり、どう考えても勝ちには程遠いと思いましたが、 最後の方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J48 Blood enemies はASLの航空機が出てくる(あまりメジャーでないシナリオ)

マップ1枚で楽しいシナリオを探しています。 このシナリオは昔のジャーナルのシナリオです。 車両がまた弱いです、移動が5しかなく、それも無線無しの小隊移動です。 しかし硬いので対戦車兵器で有効なのが航空ボンバーしかないのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL1 のVASL対戦は勝負がついた

結論から言えば負け 7ターンのシナリオでも1時間で1ターン進めていくような感じでやってきました。 いろいろ改善ていきます。途中で誰も指揮官が死んでいないことが最終ターンで負けに響きます。 どこかで踏ん張って意図的に指揮官を狙っていくことも必要です。 狙った分隊が退却の仕方が上手くないといけないのは当然なのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S20 Joseph 351は 攻撃をしているがほぼ負けると思う

このマップで、相手をどんどん除去に追い込んでスコアを稼がなくてはならないのですが、 アメリカ軍の指揮官が2人とも除去になっているのです。 こちらの連続ラッキーヒットが出ない限り多分ダメだと思いますが、頑張ります。 VASLでは冷静に考える時間があるので(1回のセッションが1時間なのです、次まで時間があります) これは良いことだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL1 Fighting withdrawal 9.14 撤退は予定通り進んでいるまだ3ターン目

理想的な防御の戦い方をしています。 と勝手に自画自賛です。 6ターン目と7ターン目にどのように進めるかを想定しています。 相手に何点突破点を取得させるかを考えなくてはならないのです。 いままではそれを考えていません。 フィンランドの指揮官や捕虜持ち分隊が突破すると思います。これを阻止するためにスナイパーを 権利が出たら即、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J56 A burnt out case 2013 9月 ASL

防御側でやったのですが、結論は負け、AA砲と車両を適切に配備しているとは言えません。始めてVASLをやったのですが、無事に完結することができました。またVASLには挑戦していきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL1のVASL対戦の続きを早朝にちょこっとやる。作戦教書を他人に教えるのも戦略家の醍醐味

他人の譜を見るのは非常に面白いと思います、商業誌、つまりコマンドで作戦研究をいろいろやっていますが、ASLジャーナルのようにVASSALのような譜が出てくれば尚更理解が早いと思います、 アルデンヌ44やコカキャンなども拡張されたプレイの例があります。これでだいたいのルールの理解や再確認にかなり役立っています。 さて今回はASL1をや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先週の土曜にはまったASL1をVASLで対戦を挑む

さて今回は ネット対戦のVASLですASL1を六ゾロ氏とやっています。まだ1ターン目の表の移動です。 地道に進めていきます。楽しみです。 先週の土曜にASL1を二回やったのでその余韻がまだ残っております。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL2 Mila 18 防御側 8.18

このシナリオをやることにしたのは、ただASL1が終わったから順番にやろうと思ったからです。防御側が全部HIPなのでこれは待ち構えていつ、射撃を行うかを狙う楽しさがあります。攻撃側が建物支配を掃討で行わなくてはならないので時間がとにかくかかります。 SSRで防御側に地下道移動、火炎瓶など特殊ルールがありますが、この特殊ルールが無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL1 Fighting withdrawal 攻撃 8.17

防御側が終わったので、攻撃側をやることにしました。 防御側の撤退方針を真似てくれたのでチョット嬉しかったです。 途中で無理やり踏ん張るところが5ターン目ぐらいに見受けられました、その踏ん張りがなければ多分 防御側が防衛成功して勝利していましたよ。 作戦を途中で変更したり、色目が出ると負けが確定します。 最初の方針が重要です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL1 Fighting withdrawal 防御 8.17

さて客人を千葉会に迎えての対戦になります。これはビヨンドバラーでも良いシナリオだと思ったのでやりました。そのお客様はビヨンドバラーしかもってこれないとのことでした。まぁすべてが良いので順々にやるのがいいと思いますよ。 私のプランでは 1から10までシナリオを進めていこうかなぁと思います、本日はASL1の表裏、やってASL2を途中まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J56 A Burnt out case VASL対戦

楽しくやっております、マップ一枚のシナリオを探しています。 まだ2ターンです、こちらの野戦構築物がまだ相手にバレていません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Commissar Pack ASL march madness

ユーロ圏のASLモジュールです、 コミッサールが出てくるもので、ASLのシステムではこの指揮官が非常にエキサイティングさせてくれるので ぜひシナリオを多数出したいそうです、8本でどれも重いのですが、 普通の公式番号のマップなのでこれは本当に良いです、 すべてVASLでセットアップ検討が可能なのです、良かった良かった 買ってもセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J114 The Marketplace at Wormhoudt (2013.6)

4ターンの表で投了しました、防御側でしたが、話になりません。 なぜ、あっさり負けてしまったのかをすぐに、結論を出さずに10日ぐらい置いて記入してみました。 この通りです。 負けのための理由を述べてその改善を考えるのですが、これは文字だけだと本当に絵に書いた餅です。実際に改善されないといけないのですが、なかなかできません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S24 Sherman marches west 6.16

スターターキットのシナリオです。ロシア側がシャーマンが6両出てきます。ドイツは防御側で6号戦車が出てきます。 この6号戦車を撃破する方法は歩兵の白兵戦ぐらいしか思いつきません。 このシナリオを攻撃側で勝利する場合はみなさんどうされているのか気になります。 なんだかんだ言って最終ターンまでは行きました。 指揮官スタックでの突撃後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL1 Fighting withdrawal 2013.6.15

攻撃側をやりました。方法は1ターン目の準備射撃で全部射撃をして相手を混乱させるという方針です。 3ターンまでには損耗はしないで攻めるようにしました。 次回は、準備射撃半分、移動半分にしようと思っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL28 Ambush!

このシナリオはパルチザンとブルガリア軍です。両方とも3火力が基本ですがレンジ外で1.5火力に減ります。そして防御側のパルチザンはサポートウェポンはブルガリア軍のものを捕獲兵器として使っていますが、これがすぐに壊れます。攻撃側のブルガリア軍が防衛ラインより7個分隊(基本数、パルチザンがMMGを持っているなら@1プラス、LMGを持っているな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASLのオーバーレイをプラ板に貼り付ける(いろいろな作成方法を考える)

オーバーレイがあるシナリオは意図的に避けていましたが、やはり多くのシナリオで登用されているので、自分もオーバーレイを作製して持ち歩き、対戦していきたいと思います。 そこでX19を作製しました。 これは教会と墓場のイメージです。 僕はインクジェットで出力して0.3mmのプラ板にノリで貼り付けて、ハサミで切りました。 やや反(そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rally point volume#2 RPT14 keitel and cox

ASLのサードパーティーのモジュールです。 SKでも普通でもどちらでもプレイできるらしいです。このシナリオは初期配置が接触しています。 防御側が前衛で守りすぎると、簡単に兵力を失い、最終戦域でかなり苦戦します。それと、防御側の6号が生き残っていることが勝利条件なので、攻撃側はどうやって二台で挟み込むかが重要です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J34 men of the mountains ASL2013.5.31

久しぶりのブログ更新です。今回はASLの対戦についてです。 このシナリオはマップ一枚であの有名なトーナメント1のgavin takeのマップと同じmap3を使っています、オーバーレイが一箇所あります、カットの仕方を間違えてしまいました、今まで他人に頼ってきたので今回、初めてオーバーレイを用意しました。そもそもマップコンフィグを見て、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL28 Ambush! 2013.5対戦

このシナリオはパルチザンとブルガリア軍です。両方とも3火力が基本ですがレンジ外で1.5火力に減ります。そして防御側のパルチザンはサポートウェポンはブルガリア軍のものを捕獲兵器として使っていますが、これがすぐに壊れます。攻撃側のブルガリア軍が防衛ラインより7個分隊(基本数、パルチザンがMMGを持っているなら@1プラス、LMGを持っているな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S1 Retaking Vierville インストプレイ ASLSK

スターターを保有している方にマニュアルを読まないでプレイできるようにインストすることを常に考えています。私はインストが上手な方です。手前味噌ですいません。 上手にやる方法は 1.ルールを読ませない 2.とにかくゲームを動かす 3.なるべく早く終える。つまり飽きさせない 4.相手の持っているゲームだけインストする。買い与えな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

A32 Zon of the wind (2013.春) ASL

このシナリオは世界的に何度もプレイされています。 アメリカ人が主催しているASLシナリオアーカイブでもかなり対戦実績があります、 私も投稿をちょこっとしているので、ASLに興味があるなら国内のAARと並行してこちらを常に参考にするとよいと思います。 そして対戦が終わって 少したって(つまり冷却期間として3日ぐらい)から反省す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL1 Fighting withdrawal  2013.2

このシナリオは50回ぐらいプレイしました。 またふときっかけがあればやりたくなるシナリオです。 今回は攻撃側をやりました、2時間ぐらいで、やりました。負けました。 最終ターンの7ターン表で2点突破して、そのあとの裏で1点だけの突破を許す予定でしたが、 実際は7ターンの裏で5点も突破されてしまいました。8-1と447のスタック(こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J155 It's hardly fair  ASL対戦

防御側で行いました。負けました、最終ターンの相手の攻撃を防ぎきれませんでした。 防御側の散布射撃で残留をしっかり残さなくてはならないのです。 途中で集中力が切れます。やはり5時間以上の対局は体力が持ちません、 普通に考えて、5時間以上対局しているプレーヤーの方がレアなのですからあまり気にせず
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more