テーマ:ASL2014

ASL99 Pribing layforce ① 2014/10

デカマップで10ターンあるシナリオにトライしています。 攻撃側をやっていますが、 マップ3枚分を移動するような内容です。 まだ1ターン目が終わったばかりです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL100 Regalbuto Ridge ② 2014/10

4ターン目の表が終わったところです このようなシナリオは他ではあまり見当たりませんでした 丘のレベル差があり、攻めてが煙幕を焚きながら安全に攻めてくるようなシナリオです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AS100 Regalbuto Ridge ① 2014/10

このシナリオは初めてやりますが長細いように見えますが、ほとどイギリス軍の丘とドイツ軍のセットアップの間しか使われません。 特殊ルールで、ドイツ軍の砲が端にあって、これがなかなかヒットしないです。 攻撃側は、防御側のMTRを警戒して山の上の方を回って攻めるような移動をしています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G6 Rocket's Red Glare ② 2014/9

4ターンの表で終了しました。 勝利条件を勘違いしていました、どちらかの建物を支配したら即、アメリカの勝ちになるということを、 両方支配だと思っていました。 アメリカ軍がタッチダウンを決めてしまいました、 防御が前すぎるのと、途中である程度耐えられそうだから、ひかなかったためです これは五年前から似たようなことをしております…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G6 Rocket's Red Glare ① 2014/9

このシナリオは初めて対戦します。 防御は左右に広く、後で中央に集結させようと画策しておりましたが、 メーベルが早くも撃破されてしまいました。 VASLで90分で1.5ターンぐらいの進捗でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL110 North bank 2014.9

攻撃側でやりました、最終ターンの表で支配条件を満たせずに終わりました。最後にスナイパーでこちらの、9-2指揮官が消えてしまったので、これがかなり勝負を分けました。 短いシナリオですが、エリート分隊、高級指揮官、大型車両といろいろ面白いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S26 Last Ally,Last Victory 2014.9

このシナリオはSKでマップ3枚、両軍車両たくさん、独ソ戦というスターターの規模を越えているシナリオです。私は、作戦をいろいろ考えるためにも非常に興味を以前から持っていました。 今回は防御側をやりました。当然砲をどこにHIPするかが非常に重要です。 ドイツ側は攻撃側でタイガーが出てきます。 攻撃側の火力が非常に強いのでどのタイミング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL v Auld lang syne

このスコードリーダーからコンバートされたシナリオをやることにしました。OBAで最初に防御側がある程度飛ぶので、どの辺から攻撃側が攻めてくるのかを考えてからのゲームスタートになります。 アメリカ軍も666分隊は混乱するとモラルが8なので これがかなりしぶといのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The guards counterattack 2017.7 2/4

2ターンめの終了時です。 ドイツ側が攻め込んでいます。 これはかなり奇策です。相手の保有していた建物に入りこんで防御しようとしているのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

the guardscounterattack 2017.7 1/4

久しぶりに対戦しました。相手からのリクエストです。スコードリーダーの名シナリオです。 僕が防御側をやりました。結果最後の方で負けが確定しました。 イエサブの平日対戦です。イエサブの秋葉店は、カードゲームハイパーアリーナの下のフロアにも 対戦可能スペースがあるのでそちらを使おうと思ったのですが、平日ボード会が主催されていたので、NG…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL93 Tavronitis Bridge ④

さて最終ターンにメレーを仕掛けて成功したのでぎりぎり勝つことができました。 5ターン目の移動などのプランです。 特筆することは、最後に河の反対側から長距離射撃でダメ元で妨害をしたことです。 この手の1火力でももしPINになっていたらかなり儲け物なのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL93 Tavronitis Bridge ③

3ターン目裏から4ターン目裏までです このシナリオでは中央の橋があって、途中で攻撃側の戦力の移動は可能です。 2ターン目ぐらいにある程度最終ターンがどうなるかが見えたら 移動しても間に合います。 長距離攻撃用のMTRがかなり重要です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL93 Tavronitis Bridge ②

グライダーがから出てくるというルールもちょっと変わっています。 これは移動フェイズの最後の出てきて、前進射撃に射撃可能、突撃もできるのです。 ただシナリオルールで、最初に対空アセットがあるので4火力が2回来ます。 それと相手に近づいて着陸したいので、防御射撃時にあるていどの火力をくらいます。 結果3機、壊されて、その中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL93 Tavronitis Bridge ①

グライダーが出てくるという特徴があるほかに、は特にないのでプレイすることにしました。 防御側は、橋の周辺にMMCが統制状態の物が1個でもあることです。 攻撃側は防御側のイギリス軍のMMCを何らかの形で統制状態ではないようにすることです。 つまり最後にメレーの継続でも良いのです。 結局最終ターンでメレーの継続にすることが成功し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL102 point of the sword 7/19 ②

この7ターン目8ターン目です 勝負は8ターンの表でついています ここに行くまでのいきさつです。 最終ターンまで行くことができました。 途中で何度か、勝てるかもと思うことも多々あり、白熱しました。 途中でお互いに興奮してくると、いろいろなルールの抜けや回復忘れ、そして何よりセオリー通りしないということが多発しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL102 point of the sword 7/19 ①

さて続きを組み立てます。 写真をみて、それをタブレットで拡大したりして、どのヘクスに、 どのユニットがいるかを復元するのです 5ターン目が終わりました。 退却をしていますが、逃げるルートを少々間違えました。 やはり最終戦域にもっとユニットを集中させたかったです。 この6ターン目7ターン目はダイス目が面白いです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL102 point of the sword 7/17 ②

どのように撤退が行われたかを連続写真で見てみましょう とりあえず、最後の写真が3ターン目裏です。 決戦が起きないように、逃げています。 それとHMGだけは絶対に保有したいです。 これを序盤で多用しようとすると必ず飲み込まれてしまうので、意図的に頼らないようにしました。 お互いに、スナイパーで指揮官が一個づつ消えています
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASL102 point of the sword 7/17

平日の木曜日の19-21で対戦した。 このシナリオを選定したのは for king and countryが再度発売されたからだ、イギリス軍は良く使います。ソビエト軍の次に使います。 ドイツは必ず使うとして、その相手としてソビエト軍はビヨンドバラーのセットに入っているからいいのです。 さてこのイギリス軍モジュールなのですが良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DAE2 The bend in the road 防御側 2/2

車両と歩兵が一気に攻めてきます。 こちらの五号戦車が無いのと、パンツァーシュレッケを持っている兵が分かってしまっているので、車両が安全な場所に固まっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DAE2 The bend in the road 防御側 1/2

全編です。 このシナリオは特別にカラー印刷したマップを使っています。 1944/9/23のELSTです。 攻撃側がイギリス軍で、目標箇所に歩兵火力16を集めればイギリスの勝利です。 ドイツ側を僕がやりました。まずはセットアップ時に、すべてSSなのでかなり硬いました。 HMGとPSKは絶対に相手に初期に奪われないためにもなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DAE1 Ambushi at de Hoop 防御側

このシナリオは車両と歩兵との戦闘のチュートリアルとして非常に良いと思います。 まず、ASLの普通のルールでも車両と歩兵がどのように戦闘を行うかが非常に説明が分かりずらいのです。 ゲームのルールを読んだ方には実際にプレイして理解していただくのですが、車両戦闘の場合は移動できる範囲が非常に多く、注意しなくてはならないことが多々あり、相手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more