コーカサスキャンペーンを対戦した 2013.2 茨城会

ついにプレイしました。とりあえず買っただけなのですが、対戦を見かけてその方にお願いして
対局が実現しました。
ルールも数回読んだのですが、プレイしてその知識が固まりました、やはりやることは重要だと思います。

ルールをあまり読まなくてもそこそこの作戦級の対戦に応じてくれる方はかなり重宝します
和訳を手に新しいものをやろうと思っても、最初からルールが整合が取れているかの保証は全くないので
ある程度、動かしてくれるだけの人、付き合ってくれる人というのは重要だなぁと思いました。

ブログなどのAARでも立派なものはその対局自体が突然行われているわけではなく以前からしっかり準備を
しているから成り立つのです。
その準備でルールの精読も重要なのですが、とにかくある程度の少ない知識でも動かす方がもっと重要だと
思いました。

さて実際のプレイは4.5時間程度でしたがターンの7割は進みました、この速さがよいのです。
一日ですべてシナリオが終わります。
戦闘もスムーズです、ただ包囲で断固とした防御を選択すると面白くなるのです。
攻撃側も損耗が結構でる仕組みです。

このまま最終ターンまでやってもおそらく17点ぐらいしか取れないと思います。最終写真の時点で12点です。
枢軸側はイタリアの山岳歩兵が出てきたのでVPが18から20に上昇してしまいます。
いろいろ教えてもらってる立場で勝ちをかんがえるのはおこがましい思いあがりだと思いますが、
一応は勝利条件や勝利までの方針を検討することも上達には必要なので、述べさせてもらいました。
対戦者の方ありがとうございます。
それとこのコーカサスキャンペーンをお持ちの方は簡単なので、ぜひプレイしてみてください、このマーク士もニッチという著名なデザイナーは多くの名作を出していますが、これは簡単な方です。

対戦中にメール対戦ができないだろうかと考えてしまいました。
ですが、断固とした防御の選択やエクスチェンジで相手のどのユニットを損耗させるかの判断や戦闘後前進の機械化の2ヘクス前進などがあるめそれぞれのヘクスの戦闘を解決してから判断が変わるものが多いので、メール対戦にはチョット無理っぽいと思いました。
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック